草食という言い訳

いいなと思う女性との出会いがあったときに男性がとる行動は、大まかに分けて三つ考えられます。
一つ目はストレートに好意的な感情を表現することです。
誰が見ても分かるような自己アピールを繰り広げるとともに、その女性の心を感じ取りながら距離感を保ちつつ接していくことができる人でしょう。
こういったパターンの場合、潔く振られて次の恋を探すか、はたまた恋を実らせて幸せを手にするかのどちらかの結果が得られます。

二つ目としては、自分が誰を好きになったところでどうせ誰も振り向いてくれないだろうと初めから諦めることです。
自分の能力や価値を非常に低く見積もるのが癖になっていて、尚且つ恋愛面では失敗した経験が多いか、もしくは一度もまともに恋愛と向き合ってきた試しのない人がこのような行動に出るでしょう。
この場合は出会いさえ、ただ擦れ違うだけに終わる確率が高いのです。
女性と目を合わせることを苦手とし、自分の殻の中に閉じこもり身を守ってしまうのでしょう。

そして三つ目は、あれこれ悩みながらも結局決定打を打てず、もだもだすることです。
気になる女性とそれなりに言葉を交わすことはできるかもしれません。
しかし距離感をつかみすぎるあまり、所詮は友達止まりのパターンが典型化し、相手の女性からは「いい人」という最も恋愛から遠い認識を持たれやすい人でしょう。

最初の一つは言うまでもなく恋愛のテクニシャンですが、後ろ二つのパターンは恋愛に苦手意識を持っている人の言動です。
恋愛に対する自信がない男性は沢山います。
草食系という言葉で身を守っている男性も多いのではないでしょうか。

しかし自分は草食系だからガツガツすることもないのだと逃げ腰になるばかりでは、恋に繋がる出会いに触れることさえできません。
仮に出会いアプリをやってみたとしても、おそらく保身意識の高い男性はなかなか現実の出会いには繋がらないでしょう。
母性的な女性は内向的な男性を可愛いと思ってくれますが、それでも自分の身を守ることしか考えていない男性に魅力は感じられないのです。

殻に閉じこもることなく、きちんと女性の言葉に耳を傾けながら気持ちを伝えていかなければなりません。
アプリの力を借りるのであれば、より一層殻に守られていては自分を表現できなくなるのです。
草食という言い訳はやめ、前向きに女性達と接していけるよう自信を持って挑んでいきましょう。